FXトレード・フィナンシャルの攻略法

FXトレード・フィナンシャルの攻略法

FXトレード・フィナンシャルの攻略法

FXトレード・フィナンシャルのバイナリーオプションHIGH・LOWの攻略法をご紹介いたします。

 

 

まず、攻略するには、どんなシステムを採用してて、どういう情報を利用すれば有利な条件で取引ができるかを把握する必要があります。

 

順番にご説明いたします。

 

 

FXトレード・フィナンシャルのバイナリーオプションHIGH・LOWのシステム
6種類の通貨で取引が可能。
6種類の通貨のオプションの購入スタート時間、締め切り時間、判定時間は10分ずつずれている。

 

さらに購入できる時間が、各1時間、4時間、24時間とあります。

 

1つの通貨に焦点を当てて考えると、
購入できる時間、締め切り時間、判定時間は、1時間置き。

 

1つの通貨(1時間タイプ)での例を挙げると
10:00 購入開始
11:00 購入締め切り
11:05 判定時間

 

11:00 購入開始
12:00 購入締め切り
12:05 判定時間

 

4時間、24時間は、戦略が異なりますので今回は割愛します
(後で説明する見るタイムフレームが違ってきます)

 

 

購入のタイミング、締め切りのタイミング、判定時間はこんな感じです。

 

購入できる時間は、1時間のうちどこでもできるわけなんですが、
購入した瞬間のレートが基準レートとなりますので、購入ボタンを押すタイミングが重要になってきます。

 

 

このシステムを加味して勝ちやすいタイミングを探すことになります。

 

 

まず、購入スタート直後であれば、
判定時間が、65分後となりますので、30分足、15分足でのトレンドを確認します。
そして、トレンドを見定めて、さらに、オシレータ系のインジケータでそのトレンドの強さを見ます。
その時点でトレンドがはっきり出ている状況の場合のみ購入を検討します。

 

ここで、このタイムフレームをみててトレンドがあいまい、反転の可能性が高い場合であれば購入は見送ったほうが無難です。

 

トレンドの確認は、トレンド系のインジケータを利用するといいかと思います。
移動平均線、平均足
あたりが見やすくてお勧めです。

 

オシレータ系は、
RSI、RCI、MACD
あたりがおすすめです。
(私は、平均足、RCIの組み合わせが好きです。)

 

(読み取るには少し時間をかけてデモで実践する必要があります)

 

 

※ここでは、例として、買い(ロング)の方向にトレンドが出てる状態とします。

 

そして、購入する方向(買いか売りか)を見定めたら、その下のタイムフレームで購入するタイミングを計ります。

 

5分足でも同じインジケータを表示させて、ロングに有利な状況を探します。

 

ロングに有利な状況は、少し専門的になりますが、
RCI[14]が、-0.8以下、平均足がロングに反転した直後
あたりのタイミングを狙います。

 

購入の残り時間との兼ね合いで、5分足、1分足のどちらのチャートを使うかを判断すればいいかと思います。
(基本的には、5分メインでOKです。)

 

 

と言う感じで、購入するタイミングを狙って取引することで格段に勝率を上げることが可能です。

 

※GMOクリック証券でも同様のチャートを使って勝率を上げることは可能ですが、基準レートが選べませんので勝率は下がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイナリーオプション業者別

バイナリーオプション海外

メルマガ・その他

バイナリーオプション最新情報

当サイトについて

最新記事


ホーム RSS購読 サイトマップ
キャッシュバック最新情報 バイナリーオプション比較 ノーリスク投資 バイナリーオプション攻略法