バイナリーオプションで使えるインジケーター

バイナリーオプションは、短期的な相場の動きを予想することがほとんどですので、基本的には、トレンドフォロー系のインジケーターを基本として、いくつか参考にできるものがあります。
そのあたりをご紹介いたします。

 

 

使えるインジケータとしては、

  • 移動平均線
  • ADX
  • ストキャスティクス
  • RSI
  • MACD

 

 

等(もう少しありますが・・)があります。
これらのインジケータを1分足、5分足、15分足、30分足、60分足等のチャートで複合的に確認し、トレンドがしっかり確認できたときに、バイナリーオプションを買うようにします。

 

そうすることでかなり勝率を上げることができます。

 

もちろん100%勝つことはありませんので、購入金額を一定にして、勝率を上げられるように自分なりな勝ちパターンを形成していく必要があります。

 

勝つ確率が高い場合は、もちろん購入金額を増やすのもいいかとは思いますが、最初は、購入金額を一定にして、勝率を上げることを目標にするのがいいかと思います。

 

 

私は、インジケータをチャートに表示させるのは、メタトレーダーって言うソフトを使っています。
メタトレーダーは、メタトレーダーの使えるFX業者でメタトレーダー用の口座を開設する必要があります。

 

メタトレーダー用の口座は、今後、FXの自動売買等を行う予定がある人、興味のある人は、とりあえず開いておいてもいいかと思いますが、予定が無い場合は、デモトレード口座でもいいんじゃないかと思います。

 

 

移動平均線
移動平均線は、抵抗線の役目を果たすこともあり、トレンド転換の見極め、相場のレンジに役立てられますので、
現時点のレートからの動きもある程度予測することができます。(もちろん、100%ではありませんが)
上値に抵抗線があれば、売りで攻めるとか、そんな感じで使うことができます。

 

 

ADX
ADXは相場のトレンドの勢いを見ることができますので、
これもトレンドの転換、見極めに役立ちます。

 

 

ストキャスティクス
ストキャスティクスは、現状のレートが、売られすぎ、買われすぎなのかを見ることができます。
売られすぎていたら、、逆に買いが入ることが多く、あがる可能性が高くなります。

 

RSI
RSIは、ストキャスティクスと似ていますが、買われすぎ、売られすぎ、この勢いが維持するのか等を見ることができます。

 

 

MACD
MACDは、指数平均移動平均線といい、MACD線とシグナルラインで構成されたインジケータで、
その2本のラインの位置状況を売買の参考にするといったものです。
相場のトレンドが強い場合には、2本の線は離れ(乖離)ます。
相場が軟調もしくは、転換する場合には、収束もしくは、クロスします。
トレンドの状況を把握することができますので、バイナリーオプションの売買の参考にすることができます。

 

▼管理人おすすめ 24optionの口座開設・公式サイトはこちら▼

 

24オプションの詳しい口座開設方法はこちら

管理人おすすめバイナリー

24option.com

24オプションは、わかり易い管理画面と豊富なオプションが特徴で、常にキャンペーンもしている老舗のバイナリーオプション業者さんです。
私もずっと利用しているところで、しっかり出金もできていますので、信用できない海外業者さんの中で、もっとも信頼できる業者さんだと思います。
また、スマホでの取引にも対応していますのでいつでもどこでも取引が可能です。管理人も使ってます。

⇒ 24optionの口座開設・公式サイトへ

バイナリーオプション海外

バイナリーオプション初心者

バイナリーオプションメニュー

当サイトについて

最新記事